個人情報を守る観点から医療機関でも病室は名札を出さないようにしています

HOME>記事一覧>プライバシーを守るために導入をしているもの

個人情報を守ろう

ルームプレート

賃貸物件でも表札を出しているところは少ないです。個人の特定につながってしまうということもあるから、と言われています。賃貸物件だけではなく、入居タイプの介護施設や医療機関でも入院をしている患者の病室に名札を付けない、というところも増えてきています。特殊な印刷で入院をしている人の名前が隠れるようになっている、というものもあるので導入をしている医療機関や介護施設もあります。患者の名前や病室を間違えてしまうと医療ミスにもつながってしまうので、特殊な印刷で作ったものがあると医療従事者にはとても便利ですし、ミスの防止にも繋がっていくので、導入が推奨されています。

独自に作る場合

ルームプレート

特殊な印刷で個人情報を守ることができるようにする、というのもよいですが、外注をすると出来上がってくるまでに時間がかかってしまいます。ですから病室の名札を独自の方法で作り、お見舞いに訪れている人に分かりにくくする方法を取っている医療機関もあります。

詮索をしない

ルームプレート

昔は医療機関の病室に入院患者の名札を付けておくことは当たり前のことでした。しかし今は知らない人が入ってきて個人情報が外部に漏れないようになっています。特殊な印刷で名札を作るというのも1つの方法ですが、他にも様々な方法で個人情報の漏えいを防止することができるようになっています。