パッケージデザインとは何かを基礎から知り定義を再確認したうえで魅力的なものを作る

HOME>アーカイブ>魅力あるデザインを作るために必要なものとは

どのような目的を持ってデザインするのか

カラーチャート

自社の商品は味や効果にも自信があるのにあまり売り上げが芳しくない、などと悩んでいる方はいませんでしょう。商品を売る際には中身も大事ですが、パッケージデザインという点も大事にしなければなりません。パッケージデザインは、その商品の持つセールスポイントをさらに良く見せるために施すデザインの事です。その商品の味を分かりやすく、力を発揮する場面をダイレクトに伝えられるパッケージデザインを作るという事は現代ビジネスでも重要なポイントとして認識されつつあります。パッケージデザインの際にはそうしたセールスポイントを強調する事以外にも、まずは商品を見てもらえるように、客が手に取りやすいかどうかという点にも気を配る必要があります。

魅力的なものを作るために必要な要素を知る

カラーチャート

具体的に魅力的なパッケージデザインを作ろうといっても、簡単に出来るものではありません。魅力的なものを作るために必要なのはデザインの技術です。考えたデザインを絵などにして視覚的に表現する技術、そしてそのデザインを立体的に表現出来る技術と2次元・3次元両方のデザイン技術が求められます。ただ、いくら魅力的なデザインを考案したとしてもそれが現在のトレンドでなければ注目度も上がらないでしょう。時代の流れを読む確かなマーケティングというのもパッケージデザインにおいて欠かせないものといえます。

実例を参考にするという手法も

色見本

実際にパッケージデザインによって成功した例というのも参考にすると良いでしょう。パッケージデザインにより成功をおさめた商品や、長年愛され続けている商品などの実例等を参考にし、自社の商品に利用出来る部分や考え方というのも参考にし、多くの人に訴求効果のあるパッケージデザイン例のアイデアを沢山出していく事が、その商品に最適なパッケージデザインを生み出すための秘訣といえます。様々な要素を考慮し、売上アップが目指せるパッケージデザインを考案しましょう。